不妊カウンセリングについて

不妊の相談ってやっぱりやってみたほうがいいのかどうか
ちょっと恥ずかしいのも有りますが
そうも言ってられません。

今までネットで検索して、それなりにいいと思うことをやってきたとは思うのですが、
やっぱりこうもうまくいかないとなると
そういった不妊治療なりのカウンセリングなんてのがあった場合
受けてみたほうがいいのかなぁと思います。

子宝相談といいますか
漢方ではそんな感じですよね。

1人で相談に行ってもしょうがないので
2人で決めましょう。

最近はニュースでも、見かけるようになった男性不妊。
これはこで深刻な問題ですし、
インタビュー受けてた人は「まさか自分が男性不妊だったとは」と驚いていました。
自分がそういった不妊対象だとは微塵も思っていなかったみたいです。
むしろ奥さん側にあったんじゃないかと。

なので、そういった不妊カウンセリングの相談というのは
やってみないとわからないものなんですね。

今すぐにでも行ったほうがいいのかもしれませんが、
何か、きっかけがないと、となるとなかなか…

そういった場合は、何かのタイミングか、節目か
そういのを決めてしまいましょう。2人で。
35歳過ぎたら、でもいいですし。
同級生の場合は、ほぼ同じですからね。

ということで不妊カウンセリングというのは
どういったものなのか、ということなのですが
今更ですが、”子供がほしいけどできない夫婦が行くところ”です。

これは生活していく上で、タイミングを合わせなければいけません。
まずは第一にこちらを優先する必要があってもいいんじゃないかと思います。

そうです、仕事中であったりしても
通院のため、ということで早退するなりして
このタイミングで準備しましょう。

「今仕事が忙しいから」とか
「今仕事が楽しいから」とか
言っている場合はどちらを優先するべきなのか
もう一度話し合う必要があります。

妊娠準備のために、葉酸サプリを使ってみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。